BCPのプロ池田商会に問い合わせる BCPのプロ池田商会に問い合わせる
プロが教える 現場のためのBCP対策【BCPP】 » 工場(製造業)におけるBCP対策

工場(製造業)
におけるBCP対策

工場(製造業)のBCP対策は、緊急事態を生き残るために必要不可欠なものです。BCPの必要性や重要性、停電対策や具体的なBCP対策事例などについてまとめました。

イメージ画像

工場(製造業)で考えるべきBCP対策

製造業にとって、BCPは緊急事態を生き残るために必要な備えです。災害時、従業員の安全確保や従業員、取引先との連絡手段の確保はとても重要であり、復旧までに長い時間がかかってしまうと、顧客や取引先からの信用を失って雇用を守れないといった事態にも繋がります。最終的には倒産や減産、事業縮小という事態を招く可能性もあります。

BCPを導入済みかそうでないかによって、どれほど会社に与えるダメージに違いがあるのかを理解することも大切です。そのうえで、中核事業や目標復旧時間の設定、人、物などの必要資源の備え、代替手段や資金確保などの体制を整備しておくことも必要です。

また、今後実施すべきこととすぐにやれることを整理し、BCPの見直しや改善を図っていくことで緊急事態に強い会社を作ることができます。

工場(製造業)で必要な
BCP対策のガイドライン
について詳しく見る

工場(製造業)の停電対策・非常用電源

製造業をメインとする工場では災害に伴う長期停電だけでなく、瞬停であっても事業に大きな営業があり、その後の生産継続はもちろん企業が立ち行かなくなる可能性もあります。東日本大震災の際には、首都圏でも災害時停電だけでなくその後10日間の計画停電があり、長期にわたって生産中止や減産を強いられました。

非常用発電機を備えていれば、最低限必要となる重要業務や取引先、サプライチェーンなどとの外部連絡が可能となり、災害によるダメージを最小限に抑えることができます。非常用発電機には太陽光発電やディーゼル発電機など、さまざまなタイプがありますが、最近では災害に強いLPガス式発電システムが注目されています。

工場(製造業)の停電対策や
非常用電源の種類
について詳しく見る

工場(製造業)の
BCP対策事例

中小企業庁が示している「中小企業BCP策定運用指針」から、地震や水害、火災などの災害種別により、BCP導入の有無により想定される被害にどれほどの違いがあるかを把握することができます。

人や物に対する備えを怠ることは、会社の財産はもちろん従業員の雇用や、顧客、取引先からの信用を失うことに繋がります。復旧に時間がかかり過ぎると、倒産や事業縮小を迫られる可能性もあります。

災害時に想定されるシナリオや、BCPを導入している会社が実際にどのような対策をして、どんな効果が得られるかを知ることにより、自社BCP作成の重要性や方向性がわかります。製造業にとっては、サプライチェーンも大きなカギとなるため、防災訓練や避難訓練に加えて調達機能による事業継続訓練を実施しておくことが大切です。

工場(製造業)のBCP対策の
重要性や具体的な事例
について詳しく見る