BCPのプロ池田商会に問い合わせる BCPのプロ池田商会に問い合わせる

BCP対策とは

BCP対策とはどんな手順でどのように行うものなのか、対策事例などをもとに詳しく説明しています。これからBCPに取り組むという企業にとって参考となる情報が満載です。

目次
イメージ画像

BCP(事業継続計画)対策の基礎知識

BCPの必要性

BCP(事業継続計画)は、突発的な緊急事態が発生しても中核事業を継続することにより、会社が生き残ることができる重要な計画です。自然災害や感染症の蔓延が頻発する現代において、事態発生から素早く事業再開、復旧をしないと従業員の雇用や会社を守ることができなくなります。

BCPの必要性
について詳しく見る

BCPに関する中小企業補助金まとめ

BCP対策には費用がかかるため、大企業と比較すると資金力に乏しい中小企業の負担は大きくなります。しかし、国や自治体が用意しているBCP対策のための助成金や補助金の制度を活用することで、コストを抑えることができます。申請の際の書類作成などが複雑であるため、申請サポートに対応している設備業者に相談するといいでしょう。

BCPに関する補助金、助成金の
種類や活用法について詳しく見る

BCPにおける想定リスクの洗い出し

BCPの策定にあたっては、事前準備がとても重要です。特に地域の特性や企業独自のリスクがあるため、想定されるリスクを洗い出し、分析、具体的な備えを強化することが大切。なかでも事業継続に大きな影響を与える可能性が高い災害リスクへの備えは重要です

BCPにおける想定リスクの洗い出しに
ついて詳しく見る

【BCP第一段階】BCPの策定・展開

BCP対策の第一段階であるBCP策定・展開について、6つのステップによるBCP策定・展開フロー、電力会社が提案するBCPや、BCP策定について必要な情報の整理と文書化の重要さなどについて紹介しています

BCP策定・展開の手順や内容に
ついて詳しく見る

【BCP第二段階】BCPの実装、
点検、改善

BCP策定、展開に続く、BCP対策の2つ目のステップ、BCPの実装、点検、改善のプロセスについて、その手順や具体的内容を解説。BCPは策定してからが本当のスタートであり、定期的な訓練や見直しを行い、それを反映してBCPを改善していくことが大切です。

BCPの実装、点検、
改善のプロセスや
具体的な内容について詳しく見る

【BCP第三段階】BCPの発動、復旧

BCPの最終段階となる「BCPの発動、復旧」の流れや具体的な内容について解説。BCPの発動基準や判断材料、事業復旧のパターンや行うべき対応内容及び、平常時から緊急時の体制及び対応チーム体制の確立を図っておく必要について説明しています

BCPの発動、復旧の
手順や対応内容に
ついて詳しく見る

命のためのBCP

BCPは非常事態が発生しても企業が事業を継続するための計画ですが、事業が生き残ることだけを考えたものではなく、人命を守る計画でもあります。人のためのBCPとはどういうことかを知ると共に、防災計画とBCPの根本的な違いも理解しておく必要があります。

命のためのBCPに
ついて詳しく見る

電気設備のBCP対策

非常時、従業員や顧客の命と共に事業を継続して会社を守るためには、電気設備のBCP対策が必要不可欠です。業種によって災害時に想定される状況や優先して電力供給が必要となる設備、機器に違いがあるため、自社に合った非常用電源の確保などを行う必要があります

業種別の電気設備のBCP対策に
ついて詳しく見る

BCP対策の事例

BCPを策定した際の、事業継続対策や気づき、苦労した点や課題などはさまざまです。また、BCP対策に取り組んだことで、大規模災害が発生した際に問題なく取り組めたという企業も。感染症対策も含めて、さまざまなBCP対策事例から自社のBCP策定の重要性を再認識することができます

BCP対策の事例に
ついて詳しく見る

BCP訓練のシナリオ例

BCPを非常時に実効性や有効性のあるものとするためには、何度も繰り返し訓練を行うことが大切です。訓練を実施することを通して会社全体にBCP文化を醸成することが可能。BCPシナリオ例から作成手順や条件付与、訓練の具体的内容などを学ぶことができます。

BCP訓練の種類や目的、
シナリオの作成例に
ついて詳しく見る

BCP対策はコンサルに
入ってもらうべきか?

初めてBCP対策に取り組む際には、BCPの基本的な考え方や具体的な対応内容などわからないことが多いため、専門家であるコンサルタントに入ってもらうことも考えられます。一方、コストが気になるのであれば、政府機関が示しているガイドラインを熟読することから始めるのも一つの方法です。

BCP策定にコンサルは
必要かどうか
について詳しく見る

BCP対策用語集

イメージ画像

BCP対策、BCP策定に当たって、知っておきたい専門的な用語について簡単に説明します。

BCP

BCP(Business Continuity Plan)は事業継続計画のこと。

大地震や台風などの自然災害、感染症の蔓延、大事件・大事故、サプライチェーンの途絶のほか、事業に影響を与える突発的な緊急事態が発生しても、優先される重要な事業を中断しない、可能な限り短い期間で復旧させるための方針、体制、手順などを示した計画をいいます

BCM

BCM(Business Continuity Management)は事業継続マネジメントのこと。

組織の維持・更新、事業継続を実現するための予算・資源の確保、対策の実施、教育・訓練、点検、改善など、経営環境の変化等に応じて継続的に改善していく活動全体のことをいいます。経営レベルの戦略的活動として位置づけられるものであり、平常時からのマネジメント活動が大切です。

BCS

BCM(Business Continuity Strategy)は事業継続戦略のこと。

組織の中核となる事業を継続させるための戦略で、一時的な対応ではなく最終的なゴールに到達するための方針です。BCMの国際的な規格BS25999では、「災害またはその他大規模なインシデント、もしくは事業中断(混乱)などに直面したときに、組織の復旧及び継続を確実にする、組織によるアプローチ」と定義されています。

RTO

RTO(Recovery Time Objective)は目標復旧時間のこと。

緊急事態により業務が停止した際に、あらかじめ決められた一定のレベルに復旧するまでの目標時間です。BCP策定の際には「いつまでに事業を復旧するか」を数字で表す指標として用いられています。目標復旧時間は、提供する製品やサービスの公共性の高さや需要、契約条件などにより、いつに設定するかが異なるものです。

RPO

RPO(Recovery Point Objective)は目標復旧地点(ポイント)のこと。

一般的にはIT用語として、損壊・紛失したデータを復旧させる際の指標の1つであり、失われたデータをバックアップから復元する際に過去のどの時点まで遡ることを許容するかを表す目標値として使用されています。RLO(Recovery Level Objective:目標復旧レベル)と同じ意味で使用されることがありますが、RPOは特にデータの目標復旧について用いられることが多いようです。

BIA

BIA(Business Impact Analysis)はビジネスインパクト分析のこと。

BCP策定では、災害時に最優先して継続すべき重要業務(中核事業)を選定しておく必要があります。BIAはその優先順位を決める基準や具体的な指針であり、業務やシステムが停止した場合に事業に与える影響度を評価するために行うものです

サプライチェーン

サプライチェーン(Supply Chain)とは、製品の原材料・部品の調達から最終消費者にいたるまでの流れにかかる全活動を意味します

BCPの中では、主に材料や部品を調達する業者としてとらえられることが多いもの。サプライチェーンが一社内で完結することはほとんどなく、複数企業で構築されているのが一般的です。サプライチェーンを統合的に管理し、最適化する経営手法をSCM(サプライチェーンマネジメント)と言います。