BCPのプロ池田商会に問い合わせる BCPのプロ池田商会に問い合わせる

池田商会

池田商会は、ライフライン全般を取り扱っており、特に防災、BCP、衛生管理のプロとして災害に強い街づくりに貢献しています。LPガス式発電システムを活用した停電対策など、会社の特徴や事業内容などについて紹介します。

池田商会とは

池田商会は昭和25年に燃料取り扱い業者として設立以来、ガスだけでなく電気設備や水回り設備、リフォームなどの事業を展開。長きにわたり災害に強い街づくりに尽力しており、防災やBCP、衛生管理のプロとして生活総合サービスを提供しています

池田商会の理念

池田商会では、2019年度に災害時備蓄燃料にLPガスが加えられたこともあり、災害時に流通が安定しており、長期備蓄も可能なLPガスをメインとした防災、BCPに力を入れています。

2016年、近県である熊本で発生した大地震の教訓もあり、100%ガス空調(GHP)を導入。補助金や災害対策の自営インフラの情報発信を続けています。また、防災の基礎知識を養うため、社員ほぼ全員が地元消防団に所属。防災士の資格取得を推進しています。

さらに、BCPの観点から感染症対策にも力を入れており、さまざまな災害リスクから人々の生活を守ることを会社の理念としています

池田商会の事業内容

LPガスを活用したBCP対策

池田商会では、災害時に事業に影響を与える長期停電リスクに備えて、LPガスを活用したBCP対策に対応しています。災害時に強いと言われるLPガス式自家発電システムの特徴は次の通りです。

LPガス式自家発電システムの導入事例

LPガス式自家発電機を導入することにより、各施設や企業・工場においては以下のメリットが得られます。

次亜塩素酸水生成器による感染症対策

池田商会では、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどに対する感染症対策として、除菌力、消臭力、安全性に優れた次亜塩素水生成装置を取り扱っています

その他の取り扱い事業

災害に強い家づくりも手掛けており、ライフラインの設置工事やメンテナンス、リフォーム全般にも対応しています

池田商会の基本情報